吉日
焼きそばの歴史

当店の人気メニューナンバー1は自他共に認める焼きそば。
この焼きそばの原型と言われているのが中国の「炒麺(チャオメン)」。
炒麺とは、中華麺を炒めて作った料理の総称で、
各地方毎に、各家庭毎に様々な種類が あります。
日本の中華料理店で見かける「あんかけ焼きそば」も そのうちの1つですが、
基本的には醤油味、塩味のものが多いようです。


この炒麺を元に、日本式の焼きそばが生まれたのは終戦直後でした。
意外と歴史が浅いのか、それとも長いのか、感じ方は人夫々でしょうか。

終戦後は食糧事情故に小麦粉が なかなか手に入らなかったため、
安く手に入ったキャベツや もやし等の野菜を使って全体量を増やし、
その形式が今も残っています。

野菜類は水分が多く、焼きそばが薄味になってしまうため、
その分を濃い味付け(ソース)で補ったのが現在一般的になっている
ソース焼きそばの原型と言われています。
これを屋台で売ったところ大評判となり、定着したんだとか。
焼きそばが今も縁日で一般的になっているのは、
こういった歴史的な理由から来ているんですね。

ちなみに、この屋台焼きそばが生まれたのは秋田県横手市。
元々お好み焼きの屋台を営んでいた人が、
何か新しい料理はできないかと考案したのが
焼きそばの始まりとも言われています。(但し、これには諸説あり)

ちなみに日本風の焼きそばには欠かせないソース。
日本では単に「ソース」と言った場合は「ウスターソース」を
差すことが多いですね。その歴史は19世紀初め頃、
英国のウイスター市に住む主婦が考案して誕生し、
地名からウスターソースと呼ばれるようになりました。

日本への伝来は江戸時代末期とも明治時代中期とも言われています。
明確に記載されている文献によると、日本の醤油会社の社長が
英国を訪れた際、ウスターソースを偉く気に入り、
新しい醤油として1885年(明治18年)に日本で発売したとのこと。

1974年には、ウスターソース類のJAS規格が制定され、
洋食の普及と共に日本の食卓に広まりました。

中国の焼きそばと英国のソースが出会うことにより、
日本の焼きそばが誕生。そう考えると、
日本の焼きそばって実は国際的な食べ物なんですね。