吉日
現代中国の炒飯

発祥の地は中国で、それが日本に伝わり、
独自の発展を遂げた物・料理・文化は数知れず。

炒飯が日本で独自に発展したかどうかは
意見が分かれるところかもしれませんが、
その位置づけは確実に中国・日本とで違っています。

日本では「昼食は炒飯だけ」やら「夕食は炒飯だけ」というのは
ごく当たり前の光景。ですが、中国では事情が違っていました。

私こと陰の支配人が中国に行った際、
飲食店で炒飯だけを頼んだところ、店員は
色々な意味で驚いていました。

というのも、中国の飲食店では
沢山の種類を注文し、少しだけ食べて、沢山残すのが基本。
日本の感覚からすると、何とも勿体ない気がしますが、
郷に入っては郷に従う、ということで。

一連の料理を食べ終わった後、〆として出てくるのが
炒飯、又は質素なラーメンでした。
なので、中国の炒飯は日本の飲み会に於ける
〆の お茶漬けのような位置付けです。

そりゃあ、日本の飲み屋に行って、
いきなり お茶漬けを頼んで、
それを食べただけで帰ってしまったら
店員さんはビックリしますよね。

ただ、炒飯の具や味付けは現代日本の物と
よく似ていたので、違和感無く食べられました。